well-being meaning 

身体的なトレーニングと同じで、トレーニングによって心を鍛える事も可能です。心理カウンセラーがメンタルトレーニングの具体的な【方法】や【考え方】を様々な形で紹介しています。

【コミュ障】を克服する為に今日から使える【コミュニケーションの裏技】

コミュニケーションが苦手。雑談が出来ない。

 そんな人にオススメしたい「考え方」や「ヒント」をまとめてみました。

 

話のネタを探すヒント「木戸に立ち掛けし衣食住」

会話を盛り上げようと思っても、そもそも話のネタが浮かばない!

そんな時は「木戸に立ち掛けし衣食住」をキーワードとして思い浮かべてください。

漠然と話題を考えるより、話題のカテゴリーを意識する事でネタが浮かびやすくなります。

キ…気候、天気
ド…道楽(遊びや趣味など)
ニ…ニュース
タ…旅
チ…知人(友達)
カ…家族
ケ…健康
シ…仕事
衣…ファッションなど
食…グルメなど食のネタ
住…出身地や現住所

全部のカテゴリーから話を振っていけば、一つくらいは共通の話題が見つかります。

 相手に好かれよう、自分を良く見せようと意識するのはNG

円滑なコミュニケーションをとるコツとしては相手をなるべく褒める事ですが、ただし、目的が「自分を良く見せたい」だったり、「相手に好かれたい」だとしたら、それはNGです。

なぜなら、「相手に好かれたい」、「自分を良く見せたい」と考えると、それは相手に「媚びる」事になるからです。

「媚びる」ということはそれはつまり自分のエゴという事。相手に興味はないが、自分の都合でそんな態度を取っているという事になります。

ショップの店員が揉み手をしながら「お客さんお目が高いですね~これ売れ筋の商品なんですよ~。絶対買って損はないですよ~」なんて声を掛けてきたら、明らかに客本人ではなく、客の持つ財布に興味がある事がバレバレで、ウンザリして店を出たくなります。

ここまで露骨でないとしても、意識している事は態度の端々に現れ、どこかで相手に伝わってしまいます。
では何を意識すればいいか?

 

 

大切なのは「媚びる」のではなく、相手を「尊重する事」

尊重するとは、簡単に言えば、相手を身内の様に大切に扱うということ。

相手が同世代の異性なら、恋人や伴侶の様に。

自分の親世代なら、本当の両親に様に。

子供なら、自分の本当の子供の様に扱う。

そうは言っても初対面の相手にそんな接し方をするのは難しい!と言われそうですが、どこまで出来るか?ではなく、ただ「そう意識する」だけで全く相手の反応は変わってきます。
騙されたと思ってやってみてください。
相手に好かれたいというエゴ丸出しのおべっかを聞かされるのとは雲泥の差になります。

家族を「尊重する」ことはあっても、家族に「媚びる」事はないですよね?
媚びると尊重する。似てるようでも実は全く違うという事です。

詐欺師も身内は騙さない。
でも、これって逆に詐欺の技術にもなり兼ねないので、くれぐれも悪用は考えないで下さい!