well-being meaning 

身体的なトレーニングと同じで、トレーニングによって心を鍛える事も可能です。心理カウンセラーがメンタルトレーニングの具体的な【方法】や【考え方】を様々な形で紹介しています。

ディスコメを打つ心理とその対処法

ブログや動画にディスコメを打つ動機を挙げると以下のような感じでしょうか。

 

 

①他人を貶めることで自己評価を上げたい

 ②関心を引きたい

 

①は誹謗中傷することで無意識・有意識に関わらず、相対的に自己評価を上げた気になって溜飲を下げているのだと思いますが、それはあくまで一時的なものであって、結果的に自分自身も傷つけているので、またすぐに不満が溜まってディスコメを打ってしまう悪循環から抜け出せなくなります。

中傷コメントに対して、真っ向から否定するようなコメントを打っても相手の土俵に上がってしまうだけなので、不毛な罵りあいが続くだけになります。

よく見る光景ですがw

なので、対応策としては、相手の挑発に乗るのではなく、相手の立場に共感してあげることです。

心で「このクズ野郎!」と思っていても、「現実生活でストレス溜まってるからこんなコメント書いちゃうんだろうね」など共感を示すことで、相手も反論し辛くなります。

 

②は本人の本意とは関係なく、注意を引く事を目的に敢えて酷い言葉を使ったりするケースですが、これは所謂かまってちゃんなので、コメントを返した時点で内容に関わらずこちらの負けになります。

かまってちゃんだな・・・と思ったら、黙ってスルーするしかないですね・・・。

 

誰でもイライラしていてつい酷いコメントを打ってしまうことはあると思いますが、そんな時は一歩立ち止まって、「この酷いコメントを本人に直接言えるのか?」という基準で考えれば、そう簡単に誹謗中傷のコメントを打てなくなると思います。

 

コメントくらい本音で書かせろ!という意見も聞こえてきそうですが、もちろんどんな内容のコメントも法に触れない範囲であれば自由なので、好きに書けば良いと思います。

しかし、汚い言葉は自分自身も傷つけるので、気が付かないレベルで自分の発言の責任を取らされている事実は頭に置いておいた方が良いのではないでしょうか?